コンプレックスを解消

女性

顔や体にあるほくろを除去したいのであれば、信頼することが出来るクリニックで行うようにしましょう。なお、ほくろ除去の方法は一つではなく、クリニックにより異なる場合もありますので、いくつかのクリニックに相談してみると良いでしょう。

ない人はいない

ビューティ

ほくろは誰にでもあるもので、目立つものですとチャームポイントにもコンプレックスにもなるものです。良性のものと悪性のものがあり、場合によっては除去が必要です。ほくろが気になり出したら、病院を受診して適切な治療を受けましょう。

メラニンを抑える

レーザー

ほくろは思春期の頃までにできるものと、思春期をすぎてからできるものがあるのです。ほくろを増やさない為には、紫外線を浴びすぎないことが大切です。できてしまったほくろは治療により取り除くことができるのです。

ほくろが気になる方は

顔の手入れ

手術を受ける時の注意

体の表面にほくろがありそれが気になる方は、美容皮膚科などに行けばその除去治療をしてもらうことが可能です。そしてほくろ除去治療や手術を受ける時には注意点がありますので、気をつけていきましょう。まず注意しなければならないことは、ほくろ除去をする方法の選択です。現在はレーザー治療やメスを使って除去する方法がありますが、前者のレーザーの場合は、除去した後のほくろの細胞を調べることが出来ません。仮に、ほくろが悪性のものだった場合には、そのことについて気付けなくなってしまいます。ほくろ自体の大きさや色や形状などを見て、気にかかる点があるようならば、手術をする方法をメスを使った除去に変えるのも一つの手です。

お得に手術を受ける方法

美容皮膚科などで行うほくろ除去治療は基本的に数万円のお金がかかりますが、方法によっては2万円前後の値段で受けられる場合もあります。先ほど紹介したレーザーを用いてほくろ除去をする方法は、ほくろを除去するのではなく焼却する形になるので、後からその細胞を調べることが出来ませんが、保険を使わなくても非常に安い値段で治療が受けられます。ほくろのサイズが小さく、異常が特に見られないようならば、そんなレーザーを使ったほくろ除去を皮膚科で行ってもらうと良いでしょう。また、多くの美容皮膚科でほくろ除去をする時にはレーザー治療を用意している所も多いです。価格重視ならば美容皮膚科のレーザー治療を選び、安くその治療を行ってもらう方法も使えます。